ロジテック(葉田順治社長)は11月14日、ワンセグ放送対応の液晶テレビとして、3.5インチ液晶搭載の「LTV-1S350P」、防水対応の7インチワイド液晶搭載の「LTV-1S700WP」を11月下旬に発売すると発表した。

 「LTV-1S350P」は、ワンセグ放送に加えFM/AM放送が受信できるポータブルテレビ。イヤホンでも3Dサラウンドを体感できる3Dオーディオ技術「Sonaptic3Dポジショナルオーディオテクノロジー」を採用。付属のイヤホンだけではなく、好みのイヤホンでも3Dサラウンドを楽しむことができる。

 受信感度により自由に角度を調節でき、コンパクトに収納可能なロッド式の標準アンテナと、立てた状態で視聴できる収納式のスタンドを装備する。AV出力端子とテレビや車載用モニタをつなぐことで、ワンセグ放送の映像を出力することも可能。ホールドスイッチはボタン操作を無効にして誤作動を防止する。

 本体サイズは幅116×奥行き12.3×高さ76mm、重さは135gと小型・軽量のため、ポケットなどに入れて持つ運ぶことができる。充電池を内蔵し、最大視聴時間は、ワンセグ放送の場合で6.5時間ほど、FM/AM放送の場合で10時間ほど。ACアダプタのほか、PCから充電ができるUSB充電ケーブルも付属する。

 一方、「LTV-1S700WP」はIPX7(旧JIS防水保護等級7)相当の防水構造を持つ7インチワイド液晶テレビ。本体は1mの水中に30分間沈んでいても内部に水が入らない構造で、付属リモコンもシャワーの水しぶきなどに対応する防滴仕様になっている。

 ロッド式アンテナのほか、屋内でも高感度で受信できる外部アンテナを標準で付属。外部アンテナ本体はマグネットを備えており、スチール面などに簡単に取り付けができ、浴室などに持ち込んでも安定した電波状態でワンセグ放送を視聴できる。

 壁に掛けて使用するための両面テープが付いた固定用の台座を付属し、タイルなどの壁面にネジを使わずに取り付けられる。充電池による連続使用時間は3時間。本体サイズは幅200×奥行き38×高さ154mmで、重さは600g。

 両モデルとも、画面下のメニューボタンで視聴地域を選べば、すぐにその地域のワンセグ放送を受信できる。EPG機能によって放送番組の情報を確認でき、字幕放送、多重音声にも対応する。

 価格はオープンで、実勢価格は「LTV-1S350P」は2万9800円前後、「LTV-1S700WP」は4万9800円前後の見込み。

ロジテック=http://www.logitec.co.jp/
「LTV-1S350P」=http://www.logitec.co.jp/products/1seg/ltv1s350p.html
「LTV-1S700WP」=http://www.logitec.co.jp/press/2007/1114_03.html


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶テレビ】
ロジテック、Macの最新OS「Leopard」に対応したUSBワンセグチューナー
ツンデレTV、ついに発売!!! 「ツン」から「デレ」まで、変化を徹底検証