シャープは、関数電卓「Pythagoras(ピタゴラス)」シリーズで、高度な微積分や方程式計算などの機能を大幅に拡充した「EL-5250F」「EL-5160S」「EL-5060F」「EL-520F」「EL-509F」の5機種を11月22日に発売すると発表した。価格は「EL-5250F」が8000円、「EL-5160S」が6600円、「EL-5060F」5300円、「EL-520F」が400円、「EL-509F」が2600円。

 従来の中上位機で採用していた「シミュレーション計算機能」を全機種に搭載。あらかじめ入力した数式の変数に値を変えて行う繰り返し計算も手軽に行えるようになった。「EL-5160S」には分数やΣ(シグマ)、∫(積分)など複雑な数式や記号をそのまま「式通り」表示したり、よく使う関数・機能を登録できる「機能メモリー」を搭載。また、簡単なプログラミング操作で本格的な計算の自動処理ができるエンジニア向け「EL-5250F」など、用途に合わせた豊富なラインアップを用意した。「EL-5160S」「EL-5060F」「EL-520F」「EL-509F」には、太陽電池も搭載する。

 関数や機能の数は「EL-5250F」が238、「EL-5160S」が295、「EL-5060F」が285、「EL-520F」が284、「EL-509F」が253。電池を使っての使用時間は「EL-5250F」が約1800時間、「EL-5160S」が約3000時間、「EL-5060F」「EL-520F」「EL-509F」が約5000時間。サイズは「EL-5250F」が幅79.9×奥行き154.5×厚さ15.2mm、重さは電池を含み約97g。「EL-5160S」は幅79.6×奥行き161.5×厚さ15.5mm、重さは電池を含み約102g。「EL-5060F」「EL-520F」「EL-509F」は幅79.6×奥行き154.5×厚さ13.2mm、重さは電池を含み約97g。



シャープ=http://www.sharp.co.jp/


■関連記事
シャープ、AQUOSファミリンクに対応した「インターネットAQUOS」秋冬モデル
シャープ、ワンセグケータイが500万台を突破、累計出荷台数で
シャープ、選べる手書きパッド搭載電子辞書「PW-AT760」にカラバリ3色追加