日本サムスン、個人向け家電販売事業から撤退、法人向けは継続

ニュース

2007/11/09 21:39

 日本サムスンは11月9日、日本での液晶テレビなどの個人向け家電販売事業から完全に撤退する方針を明らかにした。06年夏には店頭販売を終了しており、07年10月末には同社の直販サイト「サムスンダイレクト」での販売も終わらせていた。

 同社は、半導体や電子部品の販売を主力事業として展開しており、「個人向け製品の販売金額は、全体売上げの1%未満」(同社広報)のため、家電事業撤退による経営の影響はほとんどないとしている。なお法人向けの液晶ディスプレイの販売は継続していく方針。また、携帯電話は韓国サムスン電子からソフトバンクに販売しているため、今後も継続する。

 製品を購入して登録したユーザーに対しては、9月からハガキを送り、家電製品の販売を終了する旨を告知していたが、修理などのアフターサービスは継続運営していく。



日本サムスン=http://www.samsung.com/jp/


■関連記事
サムスン、USB接続でマルチディスプレイが構築可能な19型液晶ディスプレイ
サムスン、HDMI端子を装備した22型ワイド液晶ディスプレイ
日本サムスン、1GBメモリ内蔵でわずか20gのFMラジオ付き携帯オーディオ

オススメの記事