ソニー、全米教育機関へ事業展開へ向け、ブラックボード社と提携

ニュース

2007/11/08 10:08

 ソニーは、米eラーニングシステムのシステムインテグレーター大手のブラックボードと非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」事業で提携したと発表した。ソニーは今後、米市場においても「FeliCa」事業を積極的に展開していく。

 今後両社は「FeliCa」と、「FeliCa」をベースとした近距離無線通信規格NFCの双方に対応した非接触リーダー/ライターを開発し、ブラックボード社のキャンパス向けカードシステムであるブラックボード・コマース・スイート(BbCS)に搭載し、主に全米の高等教育機関向けに事業展開を目指す。

 BbCSがフェリカ対応になることで、学生は学生証一枚でキャンパス内外において、認証系システムを利用でき、非接触IDカードによる施設の入退室や電子マネーによる学内での各種支払いを行えるようになる。

ソニーhttp://www.sony.co.jp/


■関連記事
ソニー、バイオマス資源で非接触ICカード、実用化は世界初
ソニー、次世代「FeliCa」を発表、容量や処理速度、セキュリティを向上
ビットワレットなど、「FeliCa」を使った電子商取引の普及促進プロジェクト

オススメの記事