マイクロソフト、コンパクトなキーボードと3ボタンマウスのセット

ニュース

2007/11/05 21:00

 マイクロソフトは11月5日、デスクトップPC向けのキーボードと光学式3ボタンマウスをセットにした「Microsoft Wired Desktop 500」を、11月22日に発売すると発表した。色は白と黒の2色を用意し、税別価格は3200円。

 キーボードマウスの基本的な操作性に重点を置き、長時間使っても疲れにくい設計のエルゴノミクスデザインを採用。キーボードには、メールやインターネットなどの機能に即アクセスできるホットキーを搭載し、音楽やビデオなどの音量調節、再生、停止をワンプッシュで操作できるメディアコントロールも備えた。

  マウスはホイールを含め3つのボタンを搭載し、上部は一枚張りで、クリックボタンを分割しないシンプルなデザイン。左右両方の手にフィットし、利き手を選ばずに使える。また、05年に発売した前モデル「Wired Desktop 500」から、光学式センサーの性能を向上させ、スキャン速度を1500fpsから3000fps、解像度を400dpiから800dpiとした。

  インターフェイスはキーボードがPS/2、マウスはPS/2またはUSB。サイズはキーボードが幅413×奥行き174×高さ25mm、マウスが幅56×奥行き111×高さ37mm。

マイクロソフトhttp://www.microsoft.com/japan/
「Microsoft Wired Desktop 500」


■関連記事
本日の機種別ランキング【キーボード】
本日の機種別ランキング【マウス】
マイクロソフト、日本限定色を含む4色のワイヤレスレーザーマウスなど
米マイクロソフト、ゲームパッド並みの操作性を備えたレーザーマウスなど

オススメの記事