早慶の広告研究会がミスコンと推理ゲームで「プロモーション早慶戦」

ニュース

2007/11/03 21:32

 慶応義塾広告学研究会(慶応広告研)と早稲田大学広告研究会(早大広告研)は11月3日、学生が主催するイベントの中にデジタル家電を織り込んでPRする「プロモーション早慶戦」を始めた。東芝が両者に持ちかけて実現したもので、それぞれの広告研究会が独自にプランを立案。プロモーションの内容を競う。

●ミス慶応候補が「SHIBUYA 109」に勢ぞろい、「生コマ」も披露


 慶応広告研は、東京・渋谷区の「SHIBUYA 109」で「ミス慶応コンテスト2007」の候補者を披露するプレイベントと併せてプロモーションを展開した。まず、ノミネートされている浅倉友里子さん、藤井みゆさん、堀口真由子さん、奥地純佳さん、田中愛さん、上野未佳さんの6名が特設ステージに登場。それぞれが自己紹介を始めると、街行く人々も足を止めてイベント見入っていた。



 オープニングに続いて、学生MCが「レグザリンク」を操作してみせる「生コマーシャル」(生コマ)に挑戦。ステージ上にセッティングした東芝ノートPC「QOSMIO」(コスミオ)と同社の液晶テレビ「REGZA」(レグザ)を接続、1つのリモコンで操作してみせるコマーシャルだ。慣れない舞台での司会であがってしまったのか、うまくリモコン操作ができず、途中なかなか映像が出ないというハプニングも。東芝担当者の助け舟もあって無事映像を流すことができ、なんとかまとめあげた。



 生コマの後は、浅倉さん、堀口さん、上野さん、の3名が再び登場。「ミスプロモーション」と題して、それぞれの候補が自らをアピールする「プロモーションビデオ」を放映した。



 イベントを統括する慶応広告研の畔柳空さんは「109のイベントは9年前から毎年開いているが、ミスコン中心的なコンテンツとして企業のプロモーションなども行っている。イベントのほか、ロゴやパンフレットも学生が制作。パンフレット類は毎年2万部配布しており、その中に協賛企業の広告なども封入する。企業からの協賛金で運営しているが、収支はトントン」と話す。「早慶戦」については、「勝負の基準ははっきりしていないが、早稲田に勝つ自信はある」と明るく答えた。なお07年の「ミス慶応」は24日の三田祭で決定する。



●モデルルームでの体験型推理ゲームで犯人探しと製品訴求


 一方早大広告研は、4日まで開催している「早稲田祭」で、「REGZA RFシリーズ」を使った体験型推理ゲーム 「IV?疑わしき隣人たち」を展開している。場所は東京・新宿区の早稲田大学、西早稲田キャンパス10号館306号室。オリジナルのシナリオを使って、殺人犯を探し出す推理ゲームで、イベント会場に作られた4つ部屋を回って、証拠を見つけ出して推理していく、というもの。液晶テレビに映し出された映像やノートPCに表示されている「被害者のブログ」の内容を見ながら手がかりを探していく。



 参加者には「11月1日、都内某所で女性の他殺死体が発見された。死亡推定時刻は同日午前4時ごろ。容疑者は同じマンションに暮らす隣人たち。あなたはこの謎を解くことができるか」という言葉で始まる応募用紙が配られる。各部屋を「捜査」できる時間は2分間。テレビなどの機器を操作してもかまわない。応募用紙にはREGZAの感想や好みの色などを答える欄も用意されている。



 犯人を見つけた正解者の中から抽選で液晶テレビREGZA RF350が当たるほか、回答者全員の中から抽選で携帯オーディオの「gigabeat」(ギガビート)をプレゼントする。さらにWebからの参加者にもHD DVDレコーダーの「VARDIA」(バルディア)やHDD内蔵のデジタルビデオカメラ「gigashot」(ギガショット)が当たるキャンペーンも展開している。



 イベントを仕切る早大広告研の岡崎広大さんは「企業の製品を取り入れながら行うプロモーションイベントは今回が初めて。最初はどういうものなのか想像もつかなかったが、予算もいっぱい使えるし、大掛かりなことができてありがたかった」と話す。プロモーションに推理ゲームという要素を取り入れたことについては「デザイン性にこだわった製品ということだったので、実際に見てもらえるモデルルーム形式で訴求するのがいいのではないかと思いついた。そこに、人が呼べるお化け屋敷的な要素と体験型のアトラクションの要素も取り入れた」という。



 早慶戦の勝敗については「ミスコンに勝つのはなかなか大変かなと考えたが、参加者には十分楽しんでもらっていると思う」と答えてくれた。2日間での入場者目標は600人だが、既に1日目で300人を軽く超えたという。参加者もそれぞれ熱心に楽しんでおり、人気は上々のようだ。



 2つのイベントとも4日も開催する。「SHIBUYA 109」特設ステージで行う慶応広告研の「ミス慶応コンテストプレイベント」は12時-20時まで。「早稲田大学西早稲田キャンパス」で早大広告研が行う「IV?疑わしき隣人たち」は10時-17時まで。「プロモーション早慶戦」の勝者は一体どちらか? 足を運んで確かめてほしい。


慶應義塾大学http://www.keio.ac.jp/
ミス慶應コンテスト2007公式サイト=http://misskeio2007.campuscity.jp/
早稲田大学=http://www.waseda.jp/
早稲田大学広告研究会=http://www.waseda-ad.com/
早稲田大学広告研究会携帯サイト「東芝レグザ×早大広研」
「Life Conscious TV」キャンペーンブログ=http://regzacampaign.blog123.fc2.com/


■関連記事
東芝、10万円を切るHD DVDレコーダー、従来DVDにハイビジョン記録も可能

オススメの記事