シグマA・P・O、天板にガラスを採用したテレビ台2シリーズ

ニュース

2007/11/01 18:28

 シグマA・P・O システム販売(菅野高吉代表取締役)は、PCラック「GLSシリーズ」に、新たにテレビ台として2シリーズ追加し、「GLSTV01BK」を11月上旬、「GLSTV02WH」「GLSTV02BK」を11月下旬に発売すると発表した。価格は、「GLSTV01BK」が5万6000円、「GLSTV02WH」「GLSTV02BK」が5万円。

 「GLSTV01BK」は、薄型テレビ用の省スペースタイプ。天板に厚さ10mmのブラックガラスを、フレームには、従来の「GLSシリーズ」のメッキ加工よりトーンを落としたメタリックシルバーを採用。上棚には背板を付けず、機器の配線処理を後ろから手軽に行える吹き抜け仕様になっている。

 「GLSTV02WH」「GLSTV02BK」は、天板に厚さ8mmのガラスを採用。バックとサイドのパネルにはパンチングを施し、機器から発生する熱を逃がしやすくすると同時に、見た目のアクセントも加えた。バックパネルは着脱式で配線しやすく、脚部にはキャスターを備える。

 2シリーズとも、最大47V型の薄型テレビまで対応可能。「GLSTV01BK」のサイズは幅1100×奥行き427×高さ337mm、重さ26.6kg。「GLSTV02WH」「GLSTV02BK」は幅1009×奥行き498.5×高さ404mm、重さ23kgで、カラーは「GLSTV02WH」がブラック、「GLSTV02BK」がホワイト。

シグマA・P・O システム販売=http://www.sigma-apo.co.jp/
「GSLTV」


■関連記事
シグマA・P・O、最大47V型の薄型テレビに対応するAVボードに新色を追加
シグマA・P・O、最大47V型の薄型テレビを置ける木目調のテレビ台
シグマA・P・O、最大42V型の薄型テレビを設置できるテレビ台

オススメの記事