東芝(西田厚聰社長)は10月31日、従来DVDにハイビジョン映像を記録できる、HD DVD搭載HDD-DVDレコーダー「HD DVDヴァルディア RD-A301」を12月中旬に発売すると発表した。11月1日から予約販売を開始する。



 価格はオープンで実勢価格は未定だが、製品発表会で、藤井美英・執行役上席常務デジタルメディアネットワーク社社長は、「『10万円を切るモデルを出して欲しい』という声が強いなか、その期待に応えられる価格」と話し、実勢価格は10万円を切る見通しと明言した。価格メリットを前面に押し出し、ブルーレイディスク(BD)陣営に対抗する。

 「RD-A301」は、6月に発売した「RD-A300」「RD-A600」の後継機種で、圧縮効率の高い映像記録方式「MPEG4 AVC」に変換するHD トランスコーダーを搭載。ハイビジョン映像の長時間録画を可能にし、「MPEG4 AVC」(TSEモード)でHDD内で変換することで、300GBの内蔵HDDに従来機種の約4倍の最大約159時間記録できるようにした。バージョンアップで、直接TSEモードでHDDに記録する機能も実装する予定。

 加えて、デジタル放送のハイビジョン番組をHDDやHD DVDメディアだけでなく、従来のDVDにも記録できる「HD Rec」機能を新たに搭載。CPRMに対応したDVD-Rに、ハイビジョン映像を約2時間記録できる。

 チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2系統搭載し、デジタル放送の2番組同時録画が可能。同社製液晶テレビ「REGZA」と連携操作が可能な「レグザリンク」にも対応する。記録可能なメディアは、内蔵HDDのほか、HD DVD-RとHD DVD-R DL、DVD-RAM、DVD-RW、DVD-R、DVD-R DL。HD DVDソフトの再生では、HD DVDならではのアドバンスト機能も楽しめる。本体サイズは、従来モデルよりも薄型化を図り、高さ6.9cmを実現、幅は43cm、奥行きは37.5cmでコンパクト化した。重さは6.1kg。

 なお、発売を記念し、11月1日から08年1月31日までに対象機種を購入し、応募した人にHD DVDソフト「トランスフォーマー」などをプレゼントするキャンペーンを実施する。対象機種は、今回発表の「RD-A301」ほか、HD DVDレコーダー「RD-A300」「RD-A600」と、HD DVDプレーヤー「HD-XA2」「HD-XF2」の計5機種。

 藤井氏は、HD DVDとBDとの規格争いについて、「今年までに戦いは終わると話していたが、年内には終了しないのは明確。(発言を)撤回する。引き続き、HD DVDの優位性を示していきたい」と話した。



東芝=http://www.toshiba.co.jp/


■関連記事
東芝、HD DVDレコーダーで15万円前後の普及機、300GBのHDDを搭載して
東芝、HDD-DVDレコーダーのエントリーモデル、「ダビング10」にも対応予定
東芝、他社のAV機器とも連動可能な「レグザリンク」対応液晶テレビ計15機種