ソニック・ソルーションズ、Mac専用のハードウェアH.264エンコーダー

ニュース

2007/10/30 14:06

 ソニック・ソルーションズ(照井公基代表取締役)は、elgato社のMac専用USBスティック型ハードウェアH.246エンコーダー「Turbo.264」を10月26日に発売した。直販サイトの「ロキシオショップ」のみで販売し、価格は1万4700円。

 「Turbo.264」は、動画ファイルを高画質のH.264(MP4)ファイル形式に高速変換するUSBスティック型のハードウェアエンコーダー。付属ソフトを使って、作成したH.264ファイルをiPodApple TV、PSPなどへ転送できる。

 セットアップは手軽で、付属ソフトをインストールし、「Turbo.264」をMacのUSBポートに接続するだけ。変換するファイルをドラッグアンドドロップして、書き出す種類を選択すれば、簡単にエンコードできる。エンコード中は、進行速度や終了までの残り時間を視覚的に表示する。

 9月21日に同社が発売したDVDコピー・動画変換ソフト「Roxio Popcorn 3」とも連携。「Roxio Popcorn 3」は「Turbo.264」を自動検出して高画質、高圧縮なH.264形式に高速エンコードする。また、Mac専用のテレビ録画ソフト「Eye TV」ともシームレスに連携し、録画した番組をiPodやApple TVを使って再生できる。さらに「Turbo.264」の付属ソフトをインストールすると、QuickTime ProやiMovie HD、Final Cut Proなど、QuickTime対応ソフトによる書き出しも高速化する。対応OSはMac OS X 10.4以降。本体サイズは幅30×奥行き12×高さ85mm、重さは20g。

ソニック・ソルーションズ=http://www.sonicjapan.co.jp/
「Turbo.264」=http://www.roxio.jp/products/partner/turbo264/
「ロキシオショップ」=http://www.roxio.jp/store/


■関連記事
本日の機種別ランキング【キャプチャボード】
ソニック、iPodサイズのMac専用外付けテレビレコーダー

オススメの記事