HOYA、ペンタックスを吸収合併、「ペンタックス」ブランドは存続

ニュース

2007/10/30 10:17

 HOYA(鈴木洋代表執行役最高経営責任者)は10月29日、連結子会社のペンタックス(谷島信彰社長)を08年3月31日に吸収合併すると発表した。これにより会社としてのペンタックスはなくなるが、カメラ事業は継続し「ペンタックス」ブランドは存続させる。

 両社は06年12月、合併をめざす基本合意書を締結したが、その後、TOB(株式公開買い付け)による子会社化に方針を変更。8月、ペンタックスは一旦HOYAの子会社になった。しかしHOYAグループ全体の最適化という見地から、改めて合併することを決めたもの。

 合併に際しペンタックス株式は、10月30日に東証の整理ポスト入りした後、11月30日に上場が廃止される。なお現ペンタックスの株主には、合併対価としてTOB価格と同じ1株あたり770円を08年5月20日に交付する。

HOYA=http://www.hoya.co.jp/japanese/
ペンタックス=http://www.pentax.co.jp/japan/


■関連記事
ペンタックス、HOYAとの合併を白紙撤回、浦野社長は退任
ペンタックス、有効1200万画素コンパクトデジカメ最上位モデル
ペンタックス、7万円台で手ぶれ補正機能つきのデジタル一眼レフカメラほか

オススメの記事