KDDI、「W53T」に「ネイビーラピスラズリ」などカラバリ2色を追加

ニュース

2007/10/24 20:10

 KDDIは10月24日、東芝製のワンセグ対応au携帯電話「W53T」のカラーバリエーションとして、「ネイビーラピスラズリ」と「ホワイトムーンストーン」を追加し、10月25日から順次発売すると発表した。

 「W53T」は、薄さ約18.0mmのスリムでコンパクトな回転2軸ボディに、約2.8インチワイドQVGA液晶を搭載。液晶面を回転させて閉じるだけで、簡単に「ワンセグ」を起動できる。デザインコンセプトは「知性を感じさせる美しい箱」。新カラーは、既存の3色と同様、宝石をイメージした。

 ワンセグの番組は、本体のメモリやmicroSDカードに録画可能。録画予約も可能で、録画中の通話やメールの着信にも対応する。有効196万画素のオートフォーカス付きカメラも装備する。サイズは幅49×高さ104×厚さ18.0mm(最厚部20mm)、重さは約135g。

KDDIhttp://www.kddi.com/
「W53T」


■関連記事
本日の機種別ランキング【携帯電話】
KDDI、07年秋冬モデル8機種、有機EL端末やウォークマンと連携も
KDDI、薄さ18mmの高画質ワンセグ端末「W53T」

オススメの記事