オリーブ情報処理サービス、「Suica」などICカードで相性診断するソフト

サービス

2007/10/22 10:04

 オリーブ情報処理サービス(堀田錦二社長)は10月19日、交通系ICカードを利用し、さまざまな相性を診断するソフト「ICカード相性診断」を10月25日に発売すると発表した。価格は法人向けが1ライセンス3万1500円、個人向けが1ライセンス5250円。

 「Suica」「PASMO」「モバイルSuica」「ICOCA」など交通系ICカード内の利用履歴情報を数値化し、複数のカード同士を照合。それぞれのICカード内の履歴を組み合わせて、出会度/強運度/相性度を算出してパーセントで表示する。1対1の相性診断から1対複数、複数対1など最大男女10人ずつの診断ができ、グループで楽しめる。

 ICカード内に記録されている最新の利用履歴20件で算出するため、改札を通過したりチャージすると毎回違う結果になる。結果は「25%以下 見込みなし」「75%?100% 期待大」など表示され、パーセント表示結果の横に4パターンの表示メッセージを、各6文字分設定できる。なお、読み取ったデータは保存されず、ICカード内の氏名や生年月日などの個人情報を読み取ることもできない。利用には、ICカード読取装置(パソリ)か、ICカード読取装置内蔵パソコンが必要。対応OSはWindows XP。

 同社では、カラオケ店や居酒屋店など少宴会での利用や、商店・デパート・ショールームでのイベント用景品プレゼントゲーム用、歓送迎会の2次会でのミニゲームなどでの利用を見込んでいる。

オリーブ情報処理サービス=http://www.olive.co.jp/

オススメの記事