日本ポラロイド、有効700万画素コンパクトデジカメ、ヨドバシカメラで販売

ニュース

2007/10/19 20:53

 日本ポラロイド(伊藤裕太社長)は10月19日、軽量・スリムな有効700万画素のコンパクトデジタルカメラ「t730」を10月下旬に発売すると発表した。全国のヨドバシカメラで販売する。価格はオープンで、実勢価格は1万8000円前後の見込み。


 有効700万画素のCCDと光学3倍ズームレンズを搭載。また、「パノラマ」「風景」「スポーツ」「夕日」「しぶき」など21種類の「シーンモード」を内蔵し、モードを選ぶだけで被写体や撮影シーンにあう最適な露出や設定を瞬時に選択する。

 記録媒体は32MBの内蔵メモリのほか、最大1GBまでのSDメモリカードに対応。付属のAVケーブルでテレビと接続すれば、大画面に撮影した写真を映し出すこともできる。電源はリチウムイオンバッテリー。サイズは幅88.5×奥行き19.1×高さ55mm、重さは110g。カラーはシルバーとブラックの2色。

日本ポラロイドhttp://www.polaroid.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【コンパクトデジタルカメラ】
売れ筋画素数で選ぶデジカメ、お買い得なら700万台、画質期待なら1000万超
ペンタックス、有効1200万画素コンパクトデジカメ最上位モデル
オリンパス、コンパクトデジカメ「μ」シリーズ初の1200万画素モデル

オススメの記事