エルネット(山下進社長)は10月18日、同社が運営する大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」で、ファイルの送受信容量を従来の50MBから100MBまでに拡大したと発表した。

 対象となるのは、「宅ふぁいる便プレミアム」に登録しているユーザーのみ。操作方法には変更なく、トップページからログインした後の会員専用の送信画面から最大100MBのファイル送信が可能。利用料金は無料。なお、「宅ふぁいる便」登録ユーザーは、これまで通り、最大50MBまでしか送信できない。

 同社は、デジタルカメラの画素数の増加や、携帯オーディオの普及、文章ファイルでも写真データの貼り付けなど、1ファイルあたりの容量が増えている現状を踏まえ、サービスの拡充を図った。

エルネット=http://www.lnet.co.jp/
「宅ふぁいる便」=http://www.filesend.to/