フォン・ジャパン、船橋市の情報ステーションにLa Foneraを無償提供

ニュース

2007/10/18 20:25

 フォン・ジャパン(アントニオ・フエンテス・アヤラ社長)は、千葉県船橋市を拠点に活動するNPO法人情報ステーション(岡直樹代表)にFON専用無線LAN共有ルーター「La Fonera(ラ・フォネラ)」を無償で提供した。

 「La Fonera」の無償提供にあたり、10月16日にフォン・ジャパンの千川原智康 Chairmanが授与式に出席。相互利用型無線LANサービス「FON」の説明を行った。

 情報ステーションでは、今回授与した「La Fonera」を船橋駅周辺の商業施設に無償配布し、密度の高いアクセスポイント(AP)環境を構築するとしている。また、年内に30台の「La Fonera」を設置する予定。

 「FON」は、ユーザーが自身の無線LAN環境をAPとして開放する代わりに、他のユーザーが開放しているAPを無料で利用できるユーザー参加型の無線LAN共有サービス。同サービスに参加するには専用の無線LANルーター「La Fonera」が必要。「FON」は07年10月16日時点で、国内に2万2875か所のAPと、4万590人の会員を保有している。



NPO法人情報ステーション=http://www.funabashi-ekimae.com/
フォン・ジャパン=http://www.fon.com/jp/


■関連記事
エキサイト、フォン・ジャパンと連携し日本版「FONマップ」をリリース
フォン・ジャパン、LANポート2つの「FON」専用ルーターと外付けアンテナ

オススメの記事