リンクス、安定性重視したENERMAX製PC用電源ユニットの日本限定モデル

ニュース

2007/10/16 14:42

 リンクスインターナショナル(リンクス、川島義之代表取締役)は10月16日、台湾メーカーENERMAX製のPC用電源ユニット日本限定モデル「STABILITY電源」を10月20日に発売すると発表した。

 ATX電源規格「ATX12V v1.3」と「ATX12V v2.2」、「ESP12V」に準拠しさまざまなPCに活用できる。デュアル12V出力回路を採用し、CPUマザーボード、ドライブなどに安定して電源を供給可能にした。過電圧や過電流、過温度などから守る複数の保護機能を搭載したことでも安定動作を実現したという。

 このほか、使用時の負荷に応じて、最適な回転速度を選択する「静音インテリジェント12cmファン」を搭載。高い電源変換効率を示す「80PLUS認証」も取得している。

 ラインアップは、出力500Wと600Wの2種類を用意。価格はともにオープンで、実勢価格は、500Wの「STA-500」が1万2800円前後、600Wの「STA-600」が1万6800円前後の見込み。本体サイズは幅14×高さ8.6×奥行き15cm。

リンクスインターナショナルhttp://www.links.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【電源】
リンクスインターナショナル、18dBA以下の静かさ実現した電源ユニット

オススメの記事