富士フイルム(古森重隆社長)は10月10日、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影した画像を簡単にプリントできるコンパクトフォトプリンタ「FinePix Printer QS-70」「FinePix Printer QS-7」を10月20日に発売すると発表した。価格はともにオープンで、実勢価格は「QS-70」が1万6800円前後、「QS-7」が1万1800円前後の見込み。

 昇華型熱転写方式のコンパクトフォトプリンタで、高速赤外線通信機能(IrSimple)を搭載し、最速約0.3秒で画像を受信しプリントを開始する。また、独自の画像処理技術「Image Intelligence」を搭載。プリンタが自動で撮影シーンを推定、顔に合わせて明るさを最適化し、とくに「顔」をキレイにプリントできるのが特徴。たとえば、逆光のシーンでは自動的に明るさを補正し、人物の肌色をより美しく再現できる。

 上位機種「QS-70」は、xD-ピクチャーカード、SDメモリカード、メモリースティック、コンパクトフラッシュなど、各種メディアに対応したメモリカードスロットを装備。2.4型の液晶モニタを備え、画像のトリミングや彩度・明るさの補正を手動で簡単に行えるほか、セピアモードやモノクロモードでのプリントも楽しめる。

 メモリーカードに入った画像を最大9コマのマルチ画面で表示したり、撮影日付ごとの表示も可能。1度に複数の画像をプリントできる「範囲指定選択」などの機能も搭載した。一方、「QS-7」は、インターフェイスを高速赤外線通信機能(IrSimple)とUSBに絞り、ボディには電源ボタンだけを配置したシンプルなモデルとなっている。

 両機種ともに、プリントサイズはLサイズとポストカードサイズに対応し、プリント速度は約65秒。対応OSはWindows Vista/XP/2000と、Mac OS X v10.3-10.4。本体カラーは「QS-70」はピンクとシルバー、「QS-7」はシルバーのみ。本体サイズは「QS-70」が幅182.3×奥行き147.3×高さ74.7mm、「QS-7」が幅182.3×奥行き147.3×高さ67.8mm、重さはともに1kg。

富士フイルム=http://fujifilm.jp/
「FinePix Printer QS-70/QS-7」=http://fujifilm.jp/personal/print/compactphotoprinter/qs70/index.html


■関連記事
本日の機種別ランキング【フォトプリンタ】
富士フィルム、横顔も検出できる1200万画素コンパクトデジカメなど3機種
富士フイルム、903万画素・光学4倍ズームの乾電池対応コンパクトデジカメ