バンダイ(上野和典社長)は10月10日、海外でも人気のアニメーション「攻殻機動隊」シリーズに登場するロボット「タチコマ」の超合金、攻殻機動隊 S.A.C.2ndGIG PC連動超合金「電脳超合金タチコマ」を08年2月下旬に発売すると発表した。価格は1万3440円。

 「電脳超合金タチコマ」は、「攻殻機動隊」シリーズで描かれる電脳世界をイメージし、PCと連動して遊ぶことができる全高9.5cmの超合金ロボット。大きさは約24分の1スケールで、付属のCD-ROMをPCにインストールして「電脳超合金タチコマ」をUSBケーブルで接続すると、PC画面が「攻殻機動隊」仕様になり、タチコマを操作できる「タチコマエージェント」のウインドウが開く。その画面を操作することで、ミニゲームなど、「タチコマ」とのコミュニケーションを楽しむことができる。

 時計やカレンダーとも連動し、365日24時間、「タチコマ」がさまざまなアクションやイベントを展開。ミニゲームの「旗揚げゲーム」をプレイしたり、「ボイスメモ」機能を使って、指定した言葉を指定時刻に話させることもできる。声は、アニメシリーズで「タチコマ」を演じた玉川紗己子さんを起用。スクリーンセーバーやアイコンも変化し、「タチコマ」以外に、テレビアニメ版の公安9課のメンバーも登場する。

 バンダイでは、攻殻機動隊のファンをターゲットに、玩具店やホビー店、百貨店の玩具売場などで販売し、08年3月までに2万個の売り上げを目指す。なお、一般販売に先駆け、10月11日から14日まで千葉県・幕張メッセで開催される「第47回全日本模型ホビーショー」で「電脳超合金タチコマ」を展示する。



バンダイ=http://www.bandai.co.jp/


■関連記事
バンダイとバッファロー、PCを子ども専用に変身させるUSB機器
バンダイ、「∞プチプチ」が発売後9日間で30万個を突破、目標を200万個に
バンダイ、コンパクトで組み立て簡単、暗闇で光るインテリアコースター