シグマA・P・O、USBビデオクラス対応130万画素Webカメラ、PS3でも使える

ニュース

2007/10/10 16:58

 シグマA・P・O システム販売(菅野高吉代表取締役)は10月10日、130万画素のCMOSセンサーを搭載し、ピント調節不要のオートフォーカス機能を備えたWebカメラ「UVCA130AFシリーズ」を10月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6980円前後の見込み。

 ピントを機械的に自動調整する「オートフォーカス機能」を搭載し、被写体とカメラとの距離が変わってもすばやいピント合わせが可能。本体には2Wayスタンドを装備し、ノートPC液晶ディスプレイ部分に取り付けたり、クリップ部分を折り曲げて机の上などの平面に設置したりできる。

 また、USBビデオクラスにも対応し、ドライバをインストールすることなく、USBコネクタに接続するだけで使用可能。OSにWindows Vista、XPを搭載したWindowsパソコンに加え、Mac OS X 10.4.10以降を搭載したMacやUSBビデオクラス対応の家庭用ゲーム機「PLAYSTATION 3(PS3)」でも利用できる。

 最大解像度はビデオ、静止画ともに1280×1024ピクセル。取り込んだ映像の拡大表示や、顔を常に画像の中心に配置できる「フェイストラッキング」などが利用できるWindows専用のエフェクトソフト「EZVirtual Cam2.0」も付属する。スタンド部分を含めたサイズは幅62×高さ27×奥行き68mm、カラーはブラックとホワイトの2色。

シグマA・P・O システム販売=http://www.sigma-apo.co.jp/
「UVCA130AFシリーズ」

オススメの記事