東北パイオニア、音を自分好みにカスタマイズできる高音質ヘッドホンなど

ニュース

2007/10/05 21:22

 東北パイオニア(塩野俊司社長)は10月5日、高音質のバランスド・アーマチュアユニットを搭載した密閉型ステレオヘッドホン「CLX シリーズ」を11月下旬に発売すると発表した。価格は、音と装着感をカスタマイズできるフラッグシップモデル「SE-CLX9」が2万2000円、装着感のみカスタマイズ可能な「SE-CLX7」が1万2500円。

 「CLXシリーズ」は、プロユースの機器に使われている高音質ユニット「バランスド・アーマチュアユニット」を搭載し、臨場感あふれるサウンドで再生できるのが特徴。ユニットは軽量・小型のため耳穴により近づけられ、従来のダイナミック型ユニットでは再現できなかった微細な音の輪郭まで忠実に再生できるという。また、イヤホンチップとイヤーホルダーを組み合わせて耳穴に挿入する、新開発の「3次元形状フィッティング構造」を採用。密閉度をあげることで高い遮音性と装着安定性を実現した。

 付属品を使って、音や装着感をカスタマイズできるのも特徴。「SE-CLX9」「SE-CLX7」ともに、S/M/L/LLの4種類のイヤホンチップとイヤーホルダーが付属し、それらを組み合わせることで装着感をカスタマイズできる。さらに「SE-CLX9」は、「High Tune1」「High Tune2」「Standard」「Bass Tune1」「Bass Tune2」の5種類の音質調整ノズルも付属し、ノズルを交換することで音をカスタマイズできる。カスタマイズ部品を保管できるアルミ蓋付き収納ケースとカスタマイズ部品用のクリーニングブラシも付く。

 また同社は、好みのデザイン、カラーが選べる密閉型ステレオヘッドホン「SE-CL21M」「SE-CL21W」「SE-CL21U」を11月下旬に発売すると発表した。それぞれ形状や色が異なり、価格はそれぞれ2500円。

 カラーは、スクエアな形状でメタルの素材感が特徴の「SE-CL21M」がブラック、レッド、ホワイト、エレガントな「SE-CL21W」がピンク、ホワイト、ブルー、高輝度メタリック素材を使用した「SE-CL21U」がシルバー、ブルー、ブラックのそれぞれ3色。

東北パイオニアhttp://pioneer.jp/topec/


■関連記事
東北パイオニア、迫力ある重低音を再生する密閉型ヘッドホン

オススメの記事