バンダイ、コンパクトで組み立て簡単、暗闇で光るインテリアコースター

ニュース

2007/10/05 14:24

 バンダイは10月4日、暗闇で光る組立て式インテリアコースター「SPACEWARP desktop(スペースワープ デスクトップ)」を11月中旬に発売すると発表した。従来モデルよりも小型で、簡単に組み立てられるのが特徴。価格は5250円。

 「SPACEWARP desktop」は、透明なレール上を鉄球が時にゆっくり、時にスピーディーに転がっていく、組立て式のインテリアコースター。「SPACEWARP」シリーズは1983年に初代モデルを発売し、05年2月にユーザーの要望を受け約20年ぶりに復活したが、これまでの製品は組立の難易度が高く、またサイズも大きいこともあり、組み立てに3-4時間ぐらいかかっていた。このため、新モデルでは難易度を下げ、パーツパズルのような感覚で約30分で組み立てられるという。



 本体サイズも約380×232×150mmと前モデルよりもコンパクトにし、机の上に設置できるようにした。また、鉄球4個のほかに夜光球が5個付属し、暗闇で光が舞うような動きを鑑賞できる。夜光球はLEDブラックライトが組み込まれたエレベーターの入口部分を通るたびに光を蓄え、スイッチ一つで鉄球と切り替え可能。



 同社は20代後半-50代の男性を主なターゲットに、08年3月末までに10万個の販売を見込んでいる。

バンダイhttp://www.bandai.co.jp/


■関連記事
バンダイ、「∞プチプチ」が発売後9日間で30万個を突破、目標を200万個に
徹底解剖「∞プチプチ」、感触・音・オマケ音・内部構造……すべて答えます
シー・シー・ピー、約75mmの赤外線コントロールカー、第1弾はフェラーリ

オススメの記事