村田製作所とセイコーエプソンは9月27日、大幅に充電時間を短縮する「ワイヤレス急速充電システム」の共同開発を行うと発表した。3年以内の実用化を目指す。

 「ワイヤレス急速充電システム」は、通常1-2時間かかる既存のシステムの充電時間を10-15分程度にまで短縮できる小型・薄型のシステム。ワイヤレスで充電することで、機器ごとに分かれていた充電器を、1つの充電器に共有することも可能。

 携帯電話、携帯オーディオ、ノートPCなどのモバイル機器が普及し、その高機能化が進んでいる中で消費電力も増加。そのため、1度の充電で使用可能な時間をいかに伸ばすかが大きな課題となっていた。「ワイヤレス急速充電システム」はこれを改善するもの。

 開発の分担は、村田製作所が急速充電バッテリーの開発、二次側(バッテリー)モジュールの開発、セラミックス応用技術、電磁界および熱シミュレーション技術を担当する。一方、セイコーエプソンは、ワイヤレス急速充電システム用ICの開発、高効率電力伝送コイル/デバイス提供、システム開発、システムサポート、一次側(充電器)モジュールの開発を行う。

 なお、「ワイヤレス急速充電システム」の試作品は、幕張メッセで10月2-6日に開催する「CEATEC JAPAN 2007」において、村田製作所ブースで展示する。また、パシフィコ横浜で11月14-16日に開催する「Embedded Technology 2007」では、セイコーエプソンブースで出展する予定。

村田製作所=http://www.murata.co.jp/
セイコーエプソン=http://www.epson.jp/