キヤノンは9月27日、高性能光学エンジン「AISYS」を搭載した業務用液晶プロジェクター「SX7」「X700」と、輝度6500ルーメンの「LV-7585」、小型・軽量モデル「LV-7365」の4機種を10月中旬から順次発売すると発表した。

 「SX7」は、リアル表示解像度が1400×1050画素の液晶プロジェクター。格子感の少ない映像投写を実現する反射型液晶パネルLCOSを採用したほか、LCOSの性能を最大限に引き出す光学エンジン「AISYS」も搭載した。

 また、光学1.7倍電動ズームレンズや3系統のマルチ音声入力端子を装備。ピント合わせや台形歪み補正など4つの設定を自動的に行うオートセットアップ機能なども盛り込んだ。明るさは4000ルーメンで、コントラスト比は1000:1。なお、「X700」は06年6月に発売した「X600」の後継機種。基本性能は「SX7」と同じで、リアル表示解像度を1024×768画素に抑えた。

 「LV-7585」は06年12月発売の「LV-7575」の後継機種。輝度は6500ルーメンで、ホールやイベント会場などでの使用に適している。リアル表示解像度は1024×768画素で、コントラスト比は1600:1。

 垂直方向だけではなく、水平方向にもレンズシフトが可能な光学1.3倍電動ズームレンズを装備。オプションとして焦点距離の異なる4種類のレンズも用意する。このほか、ホコリがたまりやすい吸気口部のエアフィルターを、カメラ用フィルムのように巻き取ることで清掃の手間を軽減できる「自動巻取り式フィルター」を新たに採用した。

 小型モデルの「LV-7365」は、3000ルーメンの輝度を実現した。本体の傾きを自動的に検知して画面の歪みを適切に補正するオートキーストーン機能、デジタル映像の忠実な再現が可能なDVI端子などを搭載した。リアル表示解像度は1024×768画素で、25型から300型までの投写が可能な光学1.6倍ズームレンズを装備。

 発売日と税別価格は、「SX7」が10月中旬で69万8000円、「X700」が10月で49万8000円、「LV-7585」は11月下旬で価格は未定、「LV-7365」は11月中旬で29万8000円。

キヤノン=http://canon.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【プロジェクター】