ウェザーニューズ(草開千仁社長)は9月27日、総合気象サイト「ウェザーニュース」内のコンテンツ「地震Ch.」内で、個人向けの緊急地震速報サービス「The Last 10-Second」を10月15日から開始すると発表した。

 月額315円でインターネットサイト、携帯電話サイトの有料コンテンツが利用できる、「ウェザーニュース会員」向けに提供する。利用には専用アプリケーションのダウンロードと、現在位置や通知してほしい震度、マグニチュードなどの入力が必要。実際の地震で「緊急地震速報」が発信されると、パソコンのデスクトップ上に警告音とともに警告画面がポップアップ、地震を知らせる。

 また、具体的に想定される各地の地震をもとにした訓練モードも用意。設定した地域に実際の地震が起きた場合、震度や到達時間など、どのような状況になるかをシミュレーションし、訓練を行える。地震発生後には、各地の詳細な地震状況も確認できる。

 さらに、「発令後の対応はどうしたらよいのか」「家に居てもパソコンの前にいないと情報を受け取ることのできない」など、「The Last 10-Second」の活用に関する実態や提言などを募り、サイト上で公開、活用法を紹介するとともに、その情報をもとに、より実用的なサービスへと改善・展開を図る。

 「The Last 10-Second」は06年11月から法人向けに提供してきた。これまでは緊急地震速報を提供する気象庁により、サービスの利用は法人のみと限定されていたが、07年10月1日から対象が広がり、一般ユーザーも利用できるようになった。なお、法人向けサービスは警告音を館内に流すことができる機能などを追加して引き続き提供する。

ウェザーニューズ=http://weathernews.com/
「地震ch.」=http://weathernews.jp/quake/


■関連記事
ウェザーニューズ、「台風情報」に過去56年間の台風情報データベースを追加
ウェザーニューズ、過去2時間の落雷状況をチェックできる「雷情報」を開始
ウェザーニューズ、揺れる直前に知らせる緊急地震速報、月額料金1250円で