ジェイコム関東、160Mbps超高速インターネットサービスを関東エリアで提供

サービス

2007/09/28 10:34

 ジュピターテレコム(J:COM、森泉知行代表取締役社長最高経営責任者)のグループ会社ジェイコム関東(J:COM関東、古賀祐治社長)は9月27日、東京都と神奈川県の一部地域で、既設HFC(光ファイバー同軸ハイブリッド)ネットワークを利用した、下り最大160Mbpsの高速インターネット接続サービス「J:COM NET ウルトラ」を10月15日から提供すると発表した。

 ケーブルインターネットの標準規格「DOCSIS 3.0」で採用するチャンネルボンディング機能を用い、現行サービスの4倍の帯域を束ねることで、下り通信速度160Mbpsを実現した。07年9月から関西のJ:COM全域で提供しているが、関東エリアでの提供は今回が初めて。J:COMでは順次、提供エリアを拡大する予定。

 モデム料金を含む月額利用料金は6300円。通信速度は下り最大160Mbps、上り最大10Mbps(ベストエフォート型)。メールウイルススキャン、ファイアウォールサービス、コンテンツフィルターなどのセキュリティパッケージを基本サービス内容に含む。サービス提供地域は、J:COM関東「せたまち」エリアで、東京都世田谷区、狛江市、稲城市、町田市、神奈川県川崎市麻生区、川崎市多摩区、横浜市青葉区、相模原市の各一部。

ジェイコム関東=http://www.jcom.co.jp/jcom/setamachi/
ジュピターテレコムhttp://www.jcom.co.jp/

オススメの記事