松下、ラジオのようにテレビでポットキャスティングが楽しめるサービス

サービス

2007/09/27 10:07

 松下電器産業は9月26日、同社のデジタルテレビのユーザーを対象に、ポッドキャスティングをテレビで楽しめるサービス「きくテレビ」を9月27日に開始すると発表した。

 アクトビラが運営するテレビ向けネットサービス「アクトビラ」上で提供するビエラユーザー専用のサービスサイト「Panasonic TV スクエア」で配信する。利用対象は「アクトビラ」に対応した松下製デジタルテレビのユーザーで、提供期間は1年間の予定。利用料は無料。

 ウェブサイトの更新情報を知らせる仕組み「RSS」を使ってポッドキャスティングの番組情報を入手し、テレビでラジオのように番組を聴取することができる。気に入ったポッドキャスティングの番組を登録したり、聴取中にテレビ画面に表示される番組情報をチェックすることもできる。

 コンテンツの提供には、ポッドキャスティングのポータルサイト「Podcasting Juice(ポッドキャスティングジュース)」を運営するニフティが協力。「Podcasting Juice」で提供しているJ-WAVE、TBSラジオ&コミュニケーションズ、日経BPなどのポッドキャスティングの番組をテレビ向けに配信する。サービス開始時は、お笑い/エンタメ/音楽/ニュース/学び/スポーツ/美容健康/ライフスタイルの8ジャンル・約50番組を提供し、順次、ジャンルや番組数を拡大していく。

松下電器産業=http://panasonic.co.jp/
「Panasonic TV スクエア」=http://panasonic.co.jp/enet/tvsquare/
「アクトビラ」=http://actvila.jp/


■関連記事
アクトビラ、テレビ向け映像配信サービス、松下のプラズマ4機種が対応
松下、フルHDの42V型などプラズマ6機種、同社初の37V型フルHD液晶テレビも

オススメの記事