東北パイオニア(塩野俊司社長)は9月25日、ホームユース向けの密閉型ダイナミックステレオヘッドホン「SE-M390」「SE-M290」を10月中旬に発売すると発表した。価格は「SE-M390」が3800円、「SE-M290」が2500円。

 ドライバーユニットの背面抵抗をダクトで安定化することで、迫力のある重低音再生を可能にした「Powerful Bass Duct」や、大口径40mmの高性能ユニットなどを搭載し、音質を従来モデルより向上させた。長さ調節不要のフリーアジャストヘッドバンド方式で、幅広のヘッドバンドクッションや耳にソフトなベロア調イヤーパッドを使用し、安定性や装着感も高めた。

 上位モデルの「SE-M390」はイヤーパッドの素材に低反発ウレタンを採用したほか、直径40mm強磁力希土類マグネットとCCAWボイスコイルをドライバーに採用し、キレがよく伸びのある広帯域再生を実現した。コードを除いた重さは「SE-M390」が215g、「SE-M390」が225g。

東北パイオニア=http://pioneer.jp/topec/


■関連記事
日立マクセル、重さ150gで折りたためるノイズキャンセリングヘッドホン
東北パイオニア、密閉型ノイズキャンセリングヘッドホンを8800円で