ヤマハ、Bluetooth対応モデルなど光沢ピアノ調仕上げの小型スピーカー3製品

ニュース

2007/09/14 13:54

 ヤマハ(梅村充社長)は、PCや携帯電話、携帯音楽プレーヤーなどと接続し、音楽を好きな場所で楽しめるBluetoothワイヤレススピーカーシステム「NX?B02」とUSBパワードスピーカーシステム「NX?U02」、マルチメディアスピーカーシステム「NX?A02」を10月下旬に発売すると発表した。

 「NX?B02」は、無線通信規格のBluetoothのオーディオ再生プロトコル「A2DP」に対応したBluetoothレシーバーを内蔵し、対応するPCや携帯電話から音楽をワイヤレスで受信し、再生できる。3.5mmステレオミニジャックも備えており、通常のスピーカーとしても使用可能。また電源は、付属のACアダプターと単3形乾電池4本の2通りに対応し、場所を選ばずに音楽を楽しめる。

 「NX?U02」は、PCなどのUSBポートから給電するUSBバスパワー専用モデルで、PCとUSBで接続するだけで音声を出力できる。一方、「NX?A02」は、3.5mmステレオミニジャックを装備したアナログ入力専用のスピーカーで、PCや携帯電話などさまざまな機器を接続できる。電源はACアダプター。

 いずれも、左右2組のスピーカーとパワーアンプを一体化したコンパクトなワンボックス型のデザインを採用。新開発の口径4.5cmのスピーカーや従来比約2倍の大容量キャビネットで高音質再生を実現した。外装は光沢のあるピアノ調仕上げで、カラーはそれぞれブラックとホワイト、レッドの3色を用意する。本体サイズは幅84×高さ170×奥行き84mm、最大出力は10W+10W。

 価格はオープンで、実勢価格は「NX?B02」が2万4800円前後、「NX?U02」と「NX?A02」は1万8800円前後の見込み。


ヤマハhttp://www.yamaha.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(スピーカー)
ヤマハ、1台で5.1ch再生が可能な薄型ワンボディのサウンドシステム
ヤマハ、瞬間最大出力20Wのプレゼンテーション用USBスピーカー

オススメの記事