ワコム、コンシューマ向けタブレット新モデル、今後は「Bamboo」に一本化へ

ニュース

2007/09/13 21:55

 ワコム(山田正彦社長)は9月13日、ビジネス・コンシューマ向けペンタブレッド「Bamboo(バンブー)」の新モデルとして、タブレット本体と写真編集などのソフトやマウスをセットにした「Bamboo Fun」と「Bamboo Art Master」を9月14日に発売すると発表した。

 「Bamboo Fun」は、グラフィック用途向けに計5種類のソフトが付属したオールインワンモデル。「Bamboo Art Master」はそれらのソフトに加えて、本格的なデジタル絵画が描けるペイントソフト「Painter Essentials 3」と、操作方法をわかりやすく解説したガイドブックが付属する。



 タブレットは文書や画像データの拡大・縮小、スクロールが可能なタッチホイールを備えるほか、ワンタッチで好みのアプリケーションを起動できる4つのファンクションキーを搭載。PCと接続するUSBケーブルは着脱可能で、丸みを帯びたデザインにした。ぺンは、コードレスで電池が要らない設計で、ペン先の反対部分には筆圧感知対応の消しゴム機能を搭載した。ペンスタンドと3本の替え芯も付属する。



 両製品共通の付属ソフトは、画像編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 5.0(Windows版)」と「同 4.0(Mac版)」、写真加工ソフト「Photo Creator Simple for WACOM」、写真集作成ソフト「Photo-Book Creator for WACOM」、プリントソフト「プリプリまろん for Wacom」、お絵描きソフト「水彩LITE」。

 「Bamboo Fun」は、入力エリアサイズによって、A5ワイドサイズの「CTE-650」とA6ワイドサイズの「CTE-450」の2タイプを用意。カラーはそれぞれシルバー、ホワイト、ピンクの3色。一方、「Bamboo Art Master」は、A5ワイドサイズでシルバーの「CTE-650/S1」のみ。価格はオープンで、直販サイト「ワコムストア」での価格は、「CTE-650」が1万7980円、「CTE-450」が1万2980円、「CTE-650/S1」が1万9980円。

 発売にあわせ、同社ではキャンペーン「Bambooを買って当てようハッピーライフキャンペーン」を実施する。「Bamboo」シリーズを購入し、同社の会員クラブ「ワコムクラブ」に登録したユーザーに、抽選で「JTBアニバーサリーギフト券プレミアージュ」5万円分、加湿器、電子計算機をプレゼントする。応募期間は9月14日から08年1月10日。

 「Bamboo」は新たに立ち上げたブランドで、07年5月に発売した第1弾モデル「Bamboo」はややビジネス寄りの製品で、日本市場だけの販売だったが、今回発表した製品はグローバル展開する。山田正彦社長は、「『Bamboo』の中核的役割を担う戦略商品で、実質的な第1弾と呼んでも過言でははない」と位置付けている。なお、コンシューマ向けブランドで「FAVO」も展開していたが、今後は「Bamboo」に一本化する考えも明らかにした。

 新製品のほか、長期的な企業ブランド戦略も発表。「『Open up,Sense more』をコンセプトに、人と技術の距離をもっと近づける製品開発、事業戦略に力を注ぐ」(山田社長)方針を示した。



ワコム=http://www.wacom.co.jp/
「ワコムストア」=http://tablet.wacom.co.jp/store/
「Bamboo」=http://tablet.wacom.co.jp/bamboo/


■関連記事
本日の機種別ランキング(タブレット)
ワコム、ペンタブレット「Intuos3」にA6ワイドサイズモデルを追加
ワコム、A6ワイドのビジネス・コンシューマー向け新タブレッド「Bamboo」
セルシス、マンガ制作ソフト「ComicStudio」新版、タブレット付属モデルも

オススメの記事