バンダイ、「ゲゲゲの鬼太郎」の登場アイテムをかたどった携帯液晶ゲーム

ニュース

2007/09/11 19:17

 バンダイ(上野和典社長)は9月11日、テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する「幽霊族に代々伝わるお守りの霊界符」をかたどった携帯液晶玩具「ゲゲゲの霊界符?日本全国妖怪道?」を9月22日に発売すると発表した。小学生を主なターゲットに玩具店、百貨店・量販店の玩具売り場で販売する。価格は3675円。

 「ゲゲゲの霊界符?日本全国妖怪道?」は、振り子機能を内蔵した新感覚の液晶ゲーム。液晶画面中の「妖怪ポスト」に助けを求める手紙が届いたら、妖怪が潜む目的地に出発。本体を上下に振って、道中に出現するさまざまな妖怪を捕獲していく。

 妖怪を発見すると本体上部の妖怪宝玉が点灯し、妖気の強さによって光る色が3色に変化。妖怪宝玉が赤く光るまで本体を振ると、妖怪を捕獲することができる。ゲタ、チャンチャンコ、ケバリの3つの技ボタンを使い分けて攻撃し、バトルに勝てば妖怪図鑑に登録される。妖怪図鑑には、全部で108体の妖怪を登録することが可能。

 また、ゲーム内の「妖怪横丁」にある8つのお店では、自転車などのアイテムやお助け妖怪を手に入れたり、技修行のミニゲームにチャレンジして技のレベルアップができる。通信機能も搭載しており、霊界符同士で妖怪データを送受信したり、通信対戦することもできる。本体サイズは縦165×横50×幅25mm、重さは約74g。

バンダイhttp://www.bandai.co.jp/


■関連記事
バンダイ、200円の最新ケータイ?、「ガシャポン」向け本物そっくりポーチ
バンダイとバッファロー、PCを子ども専用に変身させるUSB機器
イーブック、オリジナル検定サイトで「ゲゲゲの鬼太郎診断」

オススメの記事