ロジクール、高品質な動画が撮れるガラスレンズ搭載130万画素ウェブカメラ

ニュース

2007/09/10 16:38

 ロジクール(ケン・オーバーマン社長)は、ガラスレンズを採用した130万画素のウェブカメラ「Qcam Communicate Deluxe(QCAM-130X)」を9月14日に発売すると発表した。同時にヘッドセット付きモデル「Qcam Communicate Deluxe with Headset(QCAM-130X-HS)」も発売する。

 「QCAM-130X」は、高精度のガラスレンズとTrue130万画素センサーを搭載。カメラ本体上部のスナップショットボタンと視野角72度のレンズにより、高品質の静止画や動画を簡単に撮影することができる。解像度は、ソフトウェア処理で静止画が最大500万画素、動画が最大960×720ピクセル。

 薄暗く不均等な照明下でも光を補正する独自の映像品質最適化機能「RightLight2」も搭載しており、自動設定のほか、スポット測光/ローライト(色)彩度/ローライトブースト/ビデオノイズの4つの設定を手動で調節し、画質を向上させることができる。

 また、本体には不要なエコーやバックグラウンドノイズを低減する「RightSound」テクノロジーを採用したマイクを内蔵。スタンドは、CRT、液晶どちらのディスプレイにも装着できるフレキシブユニバーサルスタンドを採用した。カメラの本体サイズは幅69.1×奥行き152.5×高さ53.7mm、重さは139g。カラーはブラック&シルバー。対応OSはWindows Vista、XP。

 価格はともにオープンで、「ロジクールオンラインストア」価格は、ウェブカメラ単体の「QCAM-130X」が5980円、ヘッドセット付きモデル「QCAM-130X-HS」が6980円。

ロジクール=http://www.logicool.co.jp/
「ロジクールオンラインストア」=http://store.logicool.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(Webカメラ)
Webカメラにも高画素化の波、130万画素クラスに売れ筋シフト進む
ロジクール、カール ツァイス製レンズ採用したハイエンドウェブカメラ2機種
ロジクール、新ビデオエフェクト機能に対応したマイク内蔵型ウェブカメラ

オススメの記事