日立マクセル、重さ150gで折りたためるノイズキャンセリングヘッドホン

ニュース

2007/09/07 15:15

 日立マクセル(角田義人社長)は9月6日、オーバーヘッドタイプのノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC15」を9月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は8000円前後の見込み。

 ユニットにはネオジウムマグネットを採用し、高音質で音楽を楽める。また、イヤーパッドに低反発素材を用い、高い密閉性と心地よい装着感を実現した。ノイズキャンセリング機能は、ヘッドホン内蔵マイクによって検知した周囲の騒音を分析、騒音に対する逆位相の音を出力することで、最大雑音抑圧量約15dB以上と騒音のみを最大約5分の1(20%)まで低減する。

 携帯・収納に便利な折りたたみ型で、重さも単4形乾電池1本込みで150gと軽量。電池持続時間はアルカリ単4形乾電池で約30時間。飛行機内での使用に対応した航空機用のプラグアダプタとキャリングポーチが付属する。

日立マクセルhttp://www.maxell.co.jp/jpn/

オススメの記事