ソフマップ、秋葉原に初の家電総合店、オープン初日に約700人が行列

ニュース

2007/09/06 20:25

 ソフマップ(野口進社長)は9月6日、JR秋葉原駅から徒歩5分ほどの秋葉原電気街の中心部に、同社初の総合家電店「ソフマップ秋葉原本館」(足立博之店長)をオープンした。台風が接近する不安定な天候のなか、10時のオープンを前に、昨夜から並んでいたという一番乗りの男性をはじめ、約700人ほどが行列を作った。

 秋葉原本館は、秋葉原地区の店舗再編の核となる総合店舗。既存のソフマップ店舗とはイメージをガラリと変え、中古商品は取り扱わず、新品のみ販売する。また、PC・PC周辺機器に加え、薄型テレビなどのビジュアル・オーディオ製品、エアコン冷蔵庫などの生活家電、理美容家電時計など、幅広いジャンルの製品を取り揃える。



 売り場面積は、06年10月に増床リニューアルした「ギガストア神戸店」の約4200平方メートルを超える同店最大の約4400平方メートル。商圏範囲は約20km、売り上げは年間100億を見込む。



 建物は地下1階、地上7階建てで、地下を除く地上1階から7階までがソフマップの店舗。売り場構成は、1階が携帯電話電子辞書、2階がデジタルカメラカメラアクセサリー、3階が薄型テレビ、レコーダーデジタルビデオカメラ、4階がオーディオ、PC、PC周辺機器、5階が白モノ、生活家電、6階が照明、理美容、時計、7階がゲーム、CD/DVD、おもちゃなど。PC・PC周辺機器の売り場はオーディオ製品と同じフロアで、従来店舗に比べ売り場は小さく、マザーボードやグラフィックカードといったPCパーツの陳列もごくわずか。代わりにヘッドホンコーナーに力を入れ、聞き比べができる視聴コーナーも設けた。



 また、5階の同社初の生活家電コーナーでは、グループ会社のビックカメラの支援・指導を受けながら、ドアが開閉できるように冷蔵庫コーナーの通路を広めに取るなど、従来のソフマップにはない売り場作りを行った。5階には、洗濯機10台を並べた実演コーナーも設置。6階には大きな鏡を設置したドレッサー風の展示コーナーを設け、ドライヤーやホームエステ商品を体感できるようにした。



 秋葉原本館では、事前にオープンセールを告知する新聞折り込みチラシ100万部を配布。足立店長は「ソフマップとしては、初めて生活家電を扱う。新規ユーザーの獲得とともに、既存ユーザーにとっても楽しさを体感できるような店にしていきたい」と抱負を語った。



ソフマップ=http://www.sofmap.co.jp/
「ソフマップ・ドットコム」=http://www.sofmap.com/


■関連記事
ソフマップとビックカメラ、卵型のスピーカー付き携帯オーディオを先行販売
ソフマップ、オリジナルPC「牛丼」「バーガー」一新、XP搭載モデルも

オススメの記事