クロスランゲージ(古賀勝夫代表取締役)は9月5日、英文契約書翻訳に特化した業界初の英日・日英翻訳ソフト「Legal Transer 2008 for Windows(リーガル・トランサー)」を10月5日に発売すると発表した。

 長文かつ難解な英文契約書を、独自の英文解析技術を用いた原文の前処理と、英文契約書に特化してチューニングした「契約書基本語辞書」によって、一般的な翻訳ソフトでは得られない高品質で翻訳できるソフト。和文契約書と英文契約書では大きく異なる書式や語の用法をあらかじめ定義できる「定義語機能」も搭載する。

 また、Internet ExplorerやWord、Excel、PowerPointに翻訳機能を追加するアドイン機能を標準で装備しており、各ソフトに追加されるアドインボタンを押すだけで、オリジナルのレイアウトを保ったまま翻訳できる。

 ラインアップは「標準版」と「プロフェッショナル版」の2種類で、「標準版」は、ビジネス、法律、貿易、金融、会計、マーケティング、コンピュータの7分野の専門語辞書を装備する。さらに「プロフェッショナル版」は、標準版と同じ7分野に加え、科学技術系20分野の専門語辞書と、原文と完成訳文をセットで登録し以降の翻訳で再利用できる「翻訳メモリ機能」を搭載し、ビジネス分野から科学技術系まで幅広い専門分野の翻訳に対応する。

 価格は「標準版」が8万1900円、「プロフェッショナル版」が13万4400円。対応OSはWindows Vista/XP/2000。

クロスランゲージ=http://www.crosslanguage.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(教育・学習ソフト)
ロゴヴィスタ、繁体字/簡体字に対応するWin用日中・中日翻訳ソフト