富士通は9月3日、ノートPC「FMV-BIBLO」のラインアップを一新し、地上デジタル放送の視聴・録画に対応した「NFシリーズ」や超小型・軽量モバイルノートPC「LOOX Uシリーズ」など、計5シリーズ13機種を9月6日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 「NFシリーズ」は、15.4型ワイド液晶を搭載したノートPC。デュアルコアCPU搭載モデルやワンセグ対応モデルなど7機種をラインアップする。高級感ある新デザインを採用した上位モデル「NF75X/D」「NF55X/D」は地上デジタルチューナーを搭載し、地上デジタル放送の視聴と録画が可能。「NF75X/D」はFeliCa対応カードやおサイフケータイを使って買い物などができる「FeliCaポート」も装備する。

 また、CPUにCeleron Mを採用したエントリーモデル「NF50X」は「ヴィーナス・ホワイト」と「レザーブラック」の2色のカラーバリエーションを用意する。実勢価格は、最上位モデル「NF75X/D」が23万円前後、「NF55X/D」が19万円前後、「NF50X」が16万円前後など。ワンセグ対応モデル「NF50X/V」は17万円前後の見込み。

 「LOOX Uシリーズ」は、重さ約599gの超小型・軽量ボディのモバイルノートPC。これまでWeb直販のみだったが、新たに店頭でも販売することにした。5.6型ワイド液晶のコンバーチブル型タッチパネルを装備しており、キーボードに加え、付属のペンでも操作できる。ワンセグチューナーや無線LAN、「広辞苑第5版」や「リーダーズ英和辞典第2版」などの全14種25コンテンツの辞書ソフトなども搭載する。カラーはセルリアンブルーとダイアモンドブラックの2色。実勢価格は15万円前後の見込み。

 このほか、17型ワイド液晶を搭載した大画面ノートPC「NXシリーズ」2機種、14.1型ワイドまたは13.3型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPC「MGシリーズ」3機種、10.6型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPC「LOOX Tシリーズ」1機種を発売する。実勢価格は、「NXシリーズ」のBDドライブ・地上デジタルチューナー搭載モデル「NF95X/D」が42万円前後、BDドライブ非搭載モデル「NF90X」が23万円強の見込み。「MGシリーズ」は17万円前後から、「LOOX Tシリーズ」は27万円強の見込み。

 同時に、直販サイト「WEB MART」で販売している「FMVカスタムメイドモデル」のラインアップも一新した。いずれも仕様をカスタマイズ可能で、「LOOX Uシリーズ」は、同サイト限定の「レザーホワイト」「ラズベリー」を含む4色から、「LOOX Tシリーズ」は新色4色を加えた全9色から本体カラーを選べる。さらに「LOOX Uシリーズ」では、ラズベリー色の本体にBluetoothを内蔵した「LOOX Uアスキーコラボモデル」を150台限定で販売する。

富士通=http://jp.fujitsu.com/
「FMV-BIBLO」
「WEB MART」=http://www.fujitsu-webmart.com/


■関連記事
本日の機種別ランキング(ノートPC)
富士通、重さ580gのコンバーチブル型PCを個人向けに直販サイトで販売
ソニー、ノートPC「VAIO」6シリーズ、光沢塗装で4色の「type C」など
富士通、リビングPC「TEO」や「DESKPOWER」に新モデル、BDドライブ搭載機も
NEC、Webカメラを内蔵し「顔パス」でログオンできるノートPCなど