バンダイとバッファロー、PCを子ども専用に変身させるUSB機器

ニュース

2007/09/03 18:40

 バンダイ(上野和典社長)とバッファロー(斉木邦明社長)は9月3日、USBポートに挿し込むだけで子ども専用モードに切り替わる鍵型のUSB機器、「ぱそこんキッズキー」を9月14日に発売すると発表した。「ミッキーマウスバージョン」「くまのプーさんバージョン」の2モデルで、価格はいずれもオープン。実勢価格は3480円前後の見込み。



 PCのUSBポートに挿し込むだけでむだけで自動的にアカウントが子ども専用の「キッズモード」に切り替わり、有害サイトへのアクセスをブロックしたり、使用できるソフト・ファイルを制限。「ぱそこんキッズキー」を引き抜くと自動的にログアウトし、保護者のアカウントログイン画面に戻る。子どもたちが安心してインターネットを使えるよう、初期設定のWebブラウザを子ども専用ポータルサイト「Yahoo!きっず」に設定。有害サイトへの接続を防ぐため、ブラウザにはURLが入力できないようになっている。



 このほか、使えるソフトやファイル、1日のうちに使用できる時間を制限することも可能で、子どもが間違えて保護者のファイルを削除してしまったり、PCの長時間使用などを防ぐことができる。また、プリンタの使用制限や、接続サイト履歴の確認機能なども盛り込んだ。

 子どもがPCを楽しめる機能として、ミッキーや仲間たちが登場するオープニングムービー、ムービー終了後に表示する「一言メッセージ」機能なども搭載。メッセージはログオンの回数や頻度、日付、季節などにより異なり、誕生日などの特別な日にはBGMも流れる。

 このほか、小さい子ども向けの「おもちゃ箱モード」も用意し、マウスだけで遊べるフラッシュアイコンを使ったゲームを収録した。対象年齢は6-9歳までで、対応OSはWindows Vista、XP。本体サイズは幅43×高さ88×奥行き10mm。重さは13g。



 今回の新製品開発について、バッファローの中島正憲・市場開発本部本部長は「製品企画とデザイン、パッケージなどのアイデアはバンダイさんから頂き、バッファローは技術面をサポートした」と説明。また、今後も両社のコラボレーション製品の開発を検討しており、「(第2弾製品は)必ずしも子ども向けの製品、というわけではなく、バンダイの面白さと、バッファローの実用性を融合した製品を作り出していきたい」とし、更なる協業の可能性を示唆した。

バンダイ=http://www.bandai.co.jp/
バッファロー=http://buffalo.jp/
「ぱそこんキッズキー」=http://pckids.jp/


■関連記事
バンダイ、6足歩行する昆虫型ロボット、音や触覚センサーに反応して
バッファロー、HDCP対応のGeForce 8400GS搭載グラフィックボード

オススメの記事