ニコン、画像保存・共有サイトと連携する無線LAN搭載デジカメなど8機種

ニュース

2007/08/31 16:56

 ニコン(苅谷道朗社長)は8月30日、無線LAN搭載モデルや同社初の1210万画素モデルなど、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX(クールピクス)」シリーズ8機種を9月14日から順次発売すると発表した。また同時に、画像保存・共有サイト「my Picturetown」を開設したと発表した。

 目玉は、無線LANを搭載し、新サービス「my Picturetown」と連携していつでもどこでも写真を楽しめる「COOLPIX S51c」。そのほか、有効1210万画素のCCDを搭載した「COOLPIX P5100」、広角ズームに対応する「COOLPIX P50」、薄型コンパクトボディの「COOLPIX S700」「COOLPIX S510」「COOLPIX S51」、単3乾電池対応のエントリーモデル「COOLPIX L12」「COOLPIX L11」をラインアップする。価格はすべてオープン。

 「S51c」は、IEEE802.11b/g規格に準拠した無線LAN通信機能を搭載し、自宅や公衆無線LANのアクセスポイントからインターネットに接続し、ワイヤレスで「my Picturetown」に画像を送信、保存できる。撮影した画像をアップロードすると同時に、直接指定したPCや携帯電話のメールアドレスに画像を送信することも可能。携帯電話から「my Picturetown」に接続して画像を閲覧することもできる。

 カメラ機能は、有効810万画素のCCDと35mmフィルム換算で38-114mmの光学3倍ズーム、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機構を搭載。また、自然に手になじむ「Wave Surface Design(ウェーブサーフェスデザイン)」を採用する。サイズは幅97.5×高さ59×奥行き21mm、重さは約125g。発売日は9月14日、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 「P5100」は、有効1000万画素の「P5000」の後継機で、COOLPIXシリーズの最上位モデル。有効1210万画素のCCDと、35mmフィルム換算で35-123mmの光学3.5倍ズーム、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機構を搭載し、被写体ブレを抑えるISO3200までの高感度撮影に対応する。外付けスピードライターやコンバーターレンズを装着でき、幅広い撮影が可能なのも特徴。発売日は9月21日、実勢価格は4万5000円前後の見込み。

 「P50」は、35mmフィルム換算で28-102mmの光学3.6倍ズームレンズを搭載し、広角レンズを生かした撮影が楽しめる単3乾電池対応の高機能モデル。CCDは有効810万画素。発売は10月の予定で、実勢価格は3万円前後の見込み。



 「S700」は、有効1210万画素のCCDと、35mmフィルム換算で37-111mmの光学3倍ズームを搭載し、同クラスでは世界最小の幅89×高さ54×奥行き23mmの小型ボディが特徴。カラーはメタリックなアーバンブラック。発売は10月の予定で、実勢価格は4万5000円前後の見込み。

 「S510」は、有効810万画素のCCDと35mmフィルム換算35-105mmの光学3倍ズームを搭載し、800万画素クラスで世界最速の起動時間約0.7秒と、光学式手ブレ補正搭載モデルで最速のレリーズタイムラグ約0.005秒の高速レスポンスを実現した。本体サイズも800万画素クラスで世界最小。カラーはアーバンブラック、シルバー、ラズベリーレッドの3色。発売日は9月21日、実勢価格は3万5000円前後の見込み。



 「S51」は、「S51c」から無線LAN機能を除いたモデル。「S51c」はグロスシルバー1色のみだが、「S51」はグロスシルバー、ワインレッド、ビビットピンクの3色を用意する。発売日は9月14日、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 「L15」は有効800万画素のCCDと、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機構を搭載。カラーはシルバーとピンクの2色。一方、「L14」は有効710万画素で色はシルバー1色。発売はともに10月の予定で、実勢価格は「L15」が2万5000円前後、「L14」が2万円前後の見込み。

 製品発表会では、8月30日から開始した新サービス「my Picturetown」の開発を手がけた大槻正さんが登場。大槻さんは以前にソニーで「AIBO」などを開発した経歴を持ち、「写真、開放」をコンセプトに「画像を扱う企業として、いままでにないソリューションを提案する」と意気込みを語った。



 「my Picturetown」は、インターネット上に画像を保存し、公開・共有できるオンラインサービス。無料のフリーアカウントで最大2GB、月額350円のゴールドアカウントで最大20GBの画像を保存できる。なお、08年2月まではお試し期間として有料サービスを無料で提供する。

 画像の保存や携帯電話への送信といった機能に加え、家族や友人とのアルバムの共有や、設定した画像のURLをブログやSNSに貼り付けて不特定多数に公開することも可能。画像はドラッグアンドドロップで簡単に整理できるほか、タグ(文字情報)を付けて簡単に検索できる。JPEG形式の画像ファイルほか、MOV、AIV形式の動画ファイル、WAV形式の音声ファイルも保存可能。

 なお、「my Picturetown」は、これまで提供していた「COOLPIX CONNECT」を改良したもので、リニューアルにあたり、無線LAN機能を備えた「S51c」と07年4月発売の「S50c」のユーザーのほか、日本と米国に居住する一般ユーザーも利用できるようにした。さらに今後、他の地域にも展開する予定。08年末で有料、無料会員含め、100万人の会員獲得を目指す。

ニコンhttp://www.nikon.co.jp/
「my Picturetown」=http://www.mypicturetown.com/
「COOLPIX」=http://www.nikon-coolpix.com/ 


■関連記事
本日の機種別ランキング(コンパクトデジタルカメラ)
売れ筋画素数で選ぶデジカメ、お買い得なら700万台、画質期待なら1000万超
ニコン、自社開発のフルサイズセンサー搭載デジタル一眼「D3」などを発表
ニコン、ついに35mmフルサイズのデジタル一眼を投入、その狙いは?

オススメの記事