三洋、フルHD動画を記録できる世界最小・最軽量のムービーカメラ

ニュース

2007/08/31 12:59

 三洋電機は8月30日、動画をフルハイビジョン(フルHD)で撮影できる、重さ268gの世界最小・最軽量のムービーカメラ「DMX-HD1000」を9月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は12万円前後の見込み。カラーはシルバーとブラックの2色。

 動画と静止画を1台で撮影できるデジタルカメラ「Xacti(ザクティ)」初のフルHDモデル。ムービーの記録方式に映像圧縮技術「MPEG-4 AVC/H.264」を採用し、水平1920×垂直1080ドットのフルHD画質の動画が記録できる。記録媒体にはSD・SDHCカードを採用し、4GBのSDHCメモリカードで約43分のフルHD記録が可能。

 また、新たにフルHDの大容量データを高速処理する「プラチナΣ(シグマ)エンジン」を開発。独自に開発したフルHD対応H.264コーデックで、従来の2チップ構成のものを1チップ化し小型化を可能にした。

 付属のドッキングステーションにはHDMI端子やD端子を備え、テレビと接続することで撮影したムービーや写真データを出力できる。市販の外付けHDDをUSBで接続し、テレビ画面上のメニューで操作するだけでムービーや写真データの保存・再生が簡単にできる「Xactiライブラリ」機能も搭載する。

 撮像素子には400万画素相当のCMOSセンサーを採用。有効画素数はHD画質の動画で約356万画素、静止画は400万画素。35mmフィルム換算で焦点距離が静止画時38?380mm、動画時49.7?497mmの光学10倍ズームレンズを装備。このほか、新開発の独自の静止画用手ぶれ補正機能「マルチぶれキャンセラー」、「写真顔検出機能」を搭載する。本体サイズは幅90.0×高さ112.6×奥行き54.5mm。

三洋電機=http://www.sanyo.co.jp/
「DMX-HD1000」


■関連記事
本日の機種別ランキング(コンパクトデジタルカメラ)
売れ筋画素数で選ぶデジカメ、お買い得なら700万台、画質期待なら1000万超

オススメの記事