東芝、投写距離1.2mで100型が投写できるWXGA対応データプロジェクター

ニュース

2007/08/31 12:46

 東芝は、Windows Vistaネットワークに対応し、短い投写距離で100型の大画面を投写可能なDLP方式のデータプロジェクター「TDP-EW25」「TDP-EX20」を9月20日から順次発売すると発表した。発売日と価格は、WXGA対応モデル「TDP-EW25」が10月25日で44万9400円、XGA対応モデル「TDP-EX20」が9月20日で38万6400円。

 「TDP-EW25」は、投写距離1.2mで100型の大画面への投写が可能な新開発の超短焦点レンズを搭載し、業界で初めて1280×800ドットのWXGAの投写に対応した上位モデル。コントラスト比は2000:1、輝度は2600ルーメン。一方、「TDP-EX20」は投写距離1.5mで100型の投写が可能。解像度は1024×768ドットのXGA、コントラスト比は2000:1、輝度は2300ルーメン。

 2機種とも、テキサス・インスツルメンツ社の映像新技術「Brilliant Color」と、独自の色補正技術「ナチュラルカラーエンハンサ4」を搭載。PCやDVDなどから出力するデータの持つ明るさや色の鮮やかさを保ちながら、本来の色合いにより近く再現できるという。

 また、プロジェクター本体に「Windows Embedded CE 6.0」を組み込んでおり、Windows Vistaに標準搭載されている「ネットワークプロジェクタ」に対応。ネットワーク設定なしでWindows Vista搭載PCからプロジェクターの操作をすることができる。ネットワーク接続は、IEEE802.11b/g準拠の無線LANと有線LANの両方が利用可能。このほか、ミニD-Sub端子、Sビデオ端子、USB端子など、さまざまな入出力端子を装備する。各映像入力端子に対応した音声入力端子も備え、すべての入力で音声も利用できる。

東芝http://www.toshiba.co.jp/
「東芝プロジェクター」=http://www.toshiba.co.jp/vis/


■関連記事
本日の機種別ランキング(プロジェクタ)
ソニー、階調表現豊かなコントラスト比35000:1のフルHD対応プロジェクター
三洋、業界最高範囲のレンジシフト機能を備えたフルHD対応プロジェクター

オススメの記事