ビクター、32V型と37V型で120コマ倍速表示のハイビジョン液晶テレビ

ニュース

2007/08/30 19:40

 日本ビクターは8月30日、毎秒120コマの倍速表示で画像の残像感を低減する「フルハイビジョン倍速液晶ドライバー」を搭載した液晶テレビ「LC205」シリーズ2機種を9月中旬から順次発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は37V型「37LC205」が26万円前後、32V型「32LC205」が20万円前後の見込み。

 「LC205」シリーズは、地上・BS・110度CSチューナーを搭載し、解像度は水平1366ドット×垂直768ドットの液晶パネルを採用する。新たに上位シリーズのフルハイビジョン(フルHD)液晶テレビ「LH805」シリーズで採用した動画技術「フルハイビジョン倍速液晶ドライバー」を搭載。通常1秒間に60コマで構成される従来の映像を、2倍の120コマの画像に変換して残像感を低減させ、動きの速い映像でも滑らかに表示する。

 「フルハイビジョン倍速液晶ドライバー」は、「フルHDパネル用に開発した技術だが、W-XGA(水平1366ドット×垂直768ドット)のパネルに採用することで、フルHDでなくても残像の少ない映像表示を実現」(同社広報グループ)したという。画像エンジンには「倍速GENESSA」を搭載。映像シーンごとに輝度情報を分析して「バックライト制御」を行い、暗部の深い黒を引き締めながら最適なコントラストで立体感のある映像を再現する。

 入力端子にはHDMI端子3系統、D4入力端子1系統、コンポーネント端子1系統などを装備する。また、DLNAに対応しており、DLNA対応機器とLAN接続することで、リビングにあるレコーダーに録りためた映像コンテンツを別の部屋で視聴したり、PCに保存してある写真を大画面で楽しむことができる。

日本ビクター=http://www.jvc-victor.co.jp/
「37LC205」=http://www.jvc-victor.co.jp/tv/lt-37lc205/index.html
「32LC205」=http://www.jvc-victor.co.jp/tv/lt-32lc205/index.html


■関連記事
本日の機種別ランキング(液晶テレビ)
ソニー、「『BRAVIA』は第3章へ」、70V型など年末モデルを発表
シャープ、最薄部20mm、コントラスト比10万:1の新パネル搭載試作テレビ公開
三菱、新開発パネル搭載52V型液晶テレビや初のリンク機能対応レコーダーなど
東芝、他社のAV機器とも連動可能な「レグザリンク」対応液晶テレビ計15機種

オススメの記事