東芝、PCレスでポッドキャストが利用できる無線LAN対応携帯オーディオ

ニュース

2007/08/28 20:51

 東芝は8月28日、2.4型カラー液晶を搭載し、音楽と動画の再生に対応したフラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「gigabeat Tシリーズ」2モデルを9月7日から順次発売すると発表した。

 「gigabeat Tシリーズ」はクレジットカードサイズの軽量スリムボディに、320×240ドットの2.4型カラー液晶を搭載した新シリーズ。無線LAN機能を搭載した「gigabeat T401」と、無線LAN非搭載のスタンダードモデル「gigabeat T401S」をラインアップ。カラーは「T401」はブラックのみ、「T401S」はブラック、ホワイト、レッドの3色。メモリ容量はいずれも4GB。

 「T401」「T401S」とも、軽量で耐久性の高いマグネシウム合金フレームを本体内部に採用。また、WMAやMP3などのデータ圧縮時にカットされていた高音域を独自のアルゴリズムで補完する音質改善技術「新H2Cテクノロジー」を搭載。中音域から高音域まで自然な音質で再現する「Professionalモード」に加え、低音域を強調し、迫力あるサウンドで再生する「Dynamicモード」を備えた。

 さらに「T401」は、IEEE802.11b/gに準拠した無線LAN機能を搭載。無線LANのアクセスポイントからインターネットに接続し、PCを介さずにニュースや語学など好きなポッドキャスト番組を転送できる。

 電源は内蔵リチウムイオン充電池で、付属のUSBケーブルでつないでPCから充電する。再生可能な音楽ファイルはWMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAVで、9000×6000ピクセルまでのJPEG形式の静止画、WMV形式の動画も再生できる。本体サイズは幅54.0×高さ85.6×奥行き9.9mm、重さは約58g。

 価格はいずれもオープン。同社直販サイト価格は、9月7日発売のスタンダードモデル「T401S」が2万4800円、10月5日発売の無線LAN搭載モデル「T401」が2万9800円。

東芝http://www.toshiba.co.jp/
「gigabeat」=http://www.gigabeat.net/mobileav/audio/


■関連記事
本日の機種別ランキング(携帯オーディオプレイヤー)
東芝、全24色の携帯オーディオ、「つつじ」や「薄浅葱」など日本の伝統色で
多彩な用途にも対応!最新携帯オーディオの楽しみ方・選び方

オススメの記事