システムトークス、SATA HDDをパラレルHDDに変換するアダプタ

ニュース

2007/08/27 16:19

 システムトークス(板坂太郎社長)は8月24日、シリアルATA(SATA)のドライブをパラレルATA(Ultra ATA)に変換できる「スゴイアダプタ(SATA-TR150BMS)」を9月24日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2780円前後の見込み。

 現在主流のSATA HDDをパラレルHDDに変換するアダプタ。パラレルATA、シリアルATAの相互変換が可能で、ドライブ側にもパソコン側にも使用できる従来製品とは異なり、ドライブ側に特化することで、機能や安定性を拡充した。

 信号と電源の両方の変換部を1つのケースに収納した一体型で、サイズはHDDと同じ横幅、高さも薄型HDDに合わせているため、あたかもSATAのHDDがパラレルHDDになったように見える。電源の変換用に別途ケーブルを用意することなく使用でき、接続方法も従来のパラレルATAと同じ。マスター/スレイブ設定を本体のスイッチで切り替えることもできる。

 ドライブは、HDDだけでなく、CDやDVDドライブなどさまざまなATAPI機器にも対応。SATAコネクタ部を除く本体サイズは幅99.5mm×奥行き24mm×高さ15mm、重さは30g。ドライブ側のサポート規格はSATA 1.0、インターフェイス側はUltra ATA133/100/66/33。

システムトークス=http://www.system-talks.co.jp/

オススメの記事