コレガ、電源ケーブル抜け防止金具付きの超小型16ポートスイッチングハブ

ニュース

2007/08/21 13:40

 コレガ(加藤彰社長)は8月20日、超小型きょう体を採用した100BASE-TX/10BASE-T対応の16ポートスイッチングハブ「CG-SW16TXSR」を8月24日に発売すると発表した。価格は7539円。

 従来比約56%の小型化を実現した、幅184×奥行き25×高さ44mmの超小型きょう体を採用。付属のマグネットセットや壁掛け用ネジセットを利用することで垂直面への設置にも対応する。

 きょう体には放熱性に優れたメタルケースを採用。静音/高耐久のファンレス設計とした。電源内蔵でACアダプタは不要、電源部には日本メーカー製電解コンデンサーを採用し、高い信頼性を実現した。電源ケーブルにはアンチトラッキング加工も施した。さらに、電源ケーブルが抜けないように、付属の電源ケーブル抜け防止金具を取り付けられる。

 また、全ポートで、ストレート/クロスを自動的に判別・切り替えを行う「Auto MDI/MDI-X」、100Mbps/10Mbps混在環境でも導入できるオートネゴシエーション機能に対応する。

コレガhttp://corega.jp/
「CG-SW16TXSR」=http://corega.jp/prod/sw16txsr/


■関連記事
本日の機種別ランキング(HUB)
コレガ、SATAコネクタをeSATAに変換するブラケット
コレガ、HDCP対応DVI-D端子搭載の22型ワイド液晶ディスプレイ、5万円台で

オススメの記事