松下、「どこでもドアホン」の来客映像をテレビで確認できるPLCアダプター

ニュース

2007/08/10 18:19

 松下電器産業は、同社の「どこでもドアホン」と9月1日発売の薄型テレビ「VIERA(ビエラ)」の「Z750SKシリーズ」と連携し、テレビ番組を見ながらドアホンで感知した来客の映像を小画面で確認できる「ドアホン用PLCアダプターパック」を9月20日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

 ドアホンのモニター親機に「ドアホン用PLCアダプター(VL-P880)」を接続し、対応テレビと「PLCアダプター(VL-P923)」をLANケーブルで接続する。PLCアダプター同士は家庭内の電気配線を利用して通信し、「どこでもドアホン」のモニター親機とテレビが離れていても複雑な配線が不要で設置できる。

 「どこでもドアホン」専用のワイヤレスカメラを使用していれば、人感(熱)センサーが侵入者などを検知した場合にも、検知したカメラ画像を来客時と同様にテレビの2画面表示の小画面で表示する。テレビは2台まで接続可能。ドアホン用PLCアダプター、PLCアダプターのほか、電気ノイズを抑えるためのPLC用ノイズフイルターも2個付属する。

 松下電器産業=http://panasonic.co.jp/
「ドアホン用PLCアダプターパック」=http://panasonic.jp/door/plc/sp880/index.html




■関連記事
松下、フルHDの42V型などプラズマ6機種、同社初の37V型フルHD液晶テレビも

オススメの記事