ビックカメラ、駅直結の「JR京都駅店」を8月23日オープン、ICOCAを導入

ニュース

2007/08/10 16:30

 ビックカメラ(宮嶋宏幸社長)は8月9日、JR京都駅西側に関西地区2店舗目となる「JR京都駅店」を、8月23日午前10時に開店すると発表した。


 「ビックカメラJR京都駅店」は、京都駅30番線ホーム新改札口と2階で直結し、同社では初めて駅のホームから直接店舗に入店できるようになる。品揃えは有楽町店とほぼ同等で、これまでの都市型・駅前・大型の出店方針の集大成となる店舗を目指す。

営業時間は午前10時から午後9時、取扱品目はカメラ・パソコン・AV・家電・電話機/FAX・携帯電話時計・TVゲーム・DVDソフト・おもちゃ・ゴルフ・テニス・スポーツサイクル・寝具・お酒・メガネ。また、約20年前の商品と現在の商品で二酸化炭素の排出量を比較する「省エネ家電ブース」をはじめ、炊飯やパン焼きを体感できる「キッチン家電実演コーナー」や「シアター体感コーナー」「高級オーディオ試聴コーナー」などを設置。実際に比較・体感しながら買物できるようにする。

開店に先駆け8月22日まで、京都中央郵便局前で「ビックポイントカード新規申込みキャンペーン」を実施。期間中「ビックポイントカード」を新規で申込むともれなく1000ポイント、さらにインクジェットプリンタ用かもめ?る葉書き2枚をプレゼントする。

また、「JR京都店」開店にあわせて、なんば店とJR京都店でJR西日本の「ICOCA電子マネー」の取り扱いを開始。ICOCAの電子マネーで買いものをすると、現金・デビットカードと同様にビックポイントカードのポイントを付与する。ICOCA電子マネーはこれまで駅構内の店舗などを中心に展開しており、街中にある店舗でICOCA電子マネーを導入するのは今回が初めて。

ビックカメラ=http://www.biccamera.com/

オススメの記事