フォン・ジャパン、LANポート2つの「FON」専用ルーターと外付けアンテナ

ニュース

2007/08/09 16:35

 フォン・ジャパン(アントニオ・フエンテス・アヤラ社長)は8月8日、同社が展開する無線LAN共有サービス「FON」専用の無線LANルーター「La Fonera(ラ・フォネラ)」の機能拡張版「La Fonera+(ラ・フォネラ・プラス)」を8月11日に発売すると発表した。価格は3800円。

 「La Fonera+」は、「La Fonera」では1つだった本体のイーサネットポートを2つに増やし、従来の外部アンテナに加え内蔵アンテナを搭載した上位モデル。外部アンテナは別売りの「La Fontenna(ラ・フォンテナ)」と取り替えることも可能。このほか、LEDライトを見やすくし、電源/通信/アクセス状態が一目で確認できるようになった。

「La Fonera」専用の外部アンテナ「La Fontenna」は8月24日に発売する。価格は1980円。特定方向に特に感度がいい指向性のアンテナで、標準装備する外部アンテナと付け替えることで電波の飛距離を最大約5倍まで伸ばせるという。

「La Fonera+」「La Fontenna」とも、FONのオンラインショップと九十九電機、ノジマ、PCデポで販売する。FONのオンラインショップでは8月8日から予約の受け付けも開始した。

「FON」は06年12月から日本でのサービスを開始。8月6日現在、国内の「FON」サービス会員数は3万5686人、アクセスポイント設置数は1万9885か所。

フォン・ジャパン=http://www.fon.com/jp/
九十九電機=http://www.tsukumo.co.jp/


■関連記事
エキサイト、フォン・ジャパンと連携し日本版「FONマップ」をリリース
広がる無線LANの相互利用インフラ「FON」、千川原Chairmanに日本戦略を聞く

オススメの記事