カシオ、脳を活性化するのが「実証済み」の電子キーボード

ニュース

2007/08/01 16:04

 カシオ計算機は7月31日、次に弾く鍵盤の位置を教える「光る鍵盤」を搭載する電子キーボード2機種を8月24日に発売すると発表した。ラインアップと価格は、テレビ画面に演奏ガイドなどを表示できる多機能モデル「LK-203TV」が3万9900円、子ども向けのエントリーモデル「LK-103」が2万6250円。

 「LK-203TV」は、テレビと接続すれば鍵盤位置ガイドや運指ガイド、歌詞を画面に表示でき、それらを見ながらレッスンやカラオケが楽しめるのが特徴。キーボードで弾いた曲を記録できる「ソングメモリー」やメトロノーム機能、カラオケ時に操作するキーコントロール機能なども備える。カラーはホワイト。一方、「LK-103TV」は、カラーに子どもに人気の高いパープルを採用した。

 いずれもクラシックの名曲や「ハグしちゃお」「プリキュア5、スマイル go go!」のアニメソングなど、大人から子どもまで幅広く楽しめる曲を複数内蔵。カラオケの練習用に小型マイクも付属する。鍵盤数は61鍵。

 従来モデルと同様、「鍵盤を弾くタイミングを覚える」「自分のペースで正しい鍵盤を追いかける」「普通の早さでしっかり弾く」の3ステップで練習できる「3ステップレッスン」を採用した。

 また、東北大学加齢医学研究所・川島隆太教授の実験で、脳の活性化につながることが証明された「エクササイズ・フレーズ」も収録。短いフレーズを繰り返し弾くことで、効果的に脳を活性化する。

カシオ計算機http://www.casio.co.jp/


■関連記事
カシオ、「筆順大字典」を搭載した電子辞書、行書・草書のくずし字も収録
カシオ、セキュリティ機能を充実させた高速・高耐久性カラーページプリンタ

オススメの記事