チャイナ・ブリッジは7月30日、世界47か国の固定電話や携帯電話に1年間かけ放題の発信専用IP電話「E-SONフリコール」を8月1日に発売すると発表した。本体価格は2万9800円。2年目以降に利用する場合は継続使用カードが必要で価格は1万2000円。

 米SECOMITY社が開発した発信専用のIP電話で電話番号は持たないため受信することはできない。PCのUSBポートに接続するだけで自動的にソフトが立ち上がり、国内の固定電話のほか、海外の固定電話にも発信することができる。500人分の電話番号を登録できる「電話帳機能」を搭載し、一般電話並みのクリアな通話品質も実現した。対応OSはWindows XPのみ。

  固定電話・携帯電話の両方と通話可能な国は、アメリカ・カナダ・中国・香港・シンガポール・タイの6か国。固定電話のみ通話可能な国は日本・韓国・台湾をはじめとするアジア諸国やヨーロッパ、南米など47か国。同社は、インターネットによる直販や代理店販売により、07年度下期に5000台、08年度通期で3万台の販売を目指す。

チャイナ・ブリッジ=http://www.china-brg.jp/