ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は7月27日、9月1日から提供する「ブループラン」用割引サービス「家族割引MAX」「自分割引」について、利用年数に関わらず基本使用料を50%引きにすると発表した。またサービス名も「家族割引MAX50」「自分割引50」に変更する。

 「家族割引MAX」「自分割引」は、ソフトバンクの利用年数によって、割引率が37-50%と異なっていたが、新割引サービスでは、利用年数に関わらず、基本使用料を一律半額にする。今回の新サービスはNTTドコモの割引プランに対抗したもの。

 「家族割引MAX50」は、家族割引に加入しているユーザーが2年間継続して利用することを条件に、ソフトバンクの利用年数にかかわらず、月々の基本使用料を加入初年度から50%割引きにする。

 一方、「自分割引50」は、家族割引に加入しない場合でも、2年間継続して利用するくことを条件に、ソフトバンクの利用年数にかかわらず、月々の基本使用料を加入初年度から50%割引きにする。

 契約期間中に解約する場合は、9975円の契約解除料がかかる。契約期間満了後は自動更新するため、更新しない場合は契約期間満了月の翌月中に解約の申し出が必要。

ソフトバンクモバイル=http://mb.softbank.jp/mb/


■関連記事
ソフトバンクM、新型スライド端末「FULLFACE 913SH」7月28日発売
ソフトバンクモバイル、9月から「新・自分割引」をオレンジプランに導入
ソフトバンクM、日本初のチタン素材使用の東芝製端末「814T」を14日に発売