コレガ(加藤彰社長)は、光沢感があるグレアパネルを採用した22型ワイド液晶ディスプレイ「CG-L22WDGHB」を8月12日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万4800円前後の見込み。

 解像度1680×1050画素(WSXGA+)の22型ワイド液晶ディスプレイで、5W+5Wのステレオスピーカーを内蔵する。輝度は300cd/m2、コントラスト比は1000:1、応答速度は5ミリ秒、視野角は垂直160度、水平170度。

また、縦横比率を維持したまま入力信号に合わせて表示する「アスペクト比固定拡大」機能を搭載し、ワイド解像度以外の映像信号も画像バランスを崩すことなく表示できる。周りの明るさに合わせて表示画面を最適な明るさに自動的に調節する「ライトセンサー機能」も備えた。

インターフェイスは、HDCP(著作権保護技術)対応のDVI-D端子のほか、ミニD-Sub15ピン、コンポーネント入力端子を装備し、DVDプレイヤーやデジタルチューナー、ゲーム機などを接続できる。

コレガ=http://www.corega.co.jp/
「CG-L22WDGHB」=http://corega.jp/prod/l22wdghb/


■関連記事
本日の機種別ランキング(液晶ディスプレイ)
コレガ、PCから最大60m離れてUSB機器が使える延長器、LANケーブル接続で
コレガ、IEEE802.11n Draft対応の無線LANルータやUSBアダプタなど
コレガ、デジタルラジオ対応のUSBワンセグチューナー